皮膚検査

皮膚科ってどんな検査をするの?犬と猫の【皮膚科学的検査】

皮膚から様々な情報を読み取るのに、皮膚科学的検査はとても重要な検査です。

でも実際にどんな検査をするのか、みなさん知っていますか?

皮膚科ではこの検査によって、たくさんある鑑別診断から絞り込みを行い、
その子の皮膚で今何が起こっているのか調べることができます。

今回は、この皮膚科においてとても重要な「皮膚科学的検査」について紹介していきます。

皮膚押捺塗抹検査

皮膚押捺塗抹検査は、皮膚スタンプ検査とも呼ばれています。

その名の通り、皮膚に直接スライドグラスやセロハンテープを押し付け、皮膚の表面にいる細菌や酵母菌(マラセチア)を調べます。

実はこの皮膚押捺塗抹検査、皮膚科検査の中でもダントツで1番多く行う検査かもしれません。

指の間もセロハンテープでペタペタ。これも大事な検査です。

 

テープを染色し顕微鏡で覗くと、小さな紫の酵母菌(マラセチア)がたくさん!

毛検査

毛検査は病変のある部分から毛を数本抜き取って、顕微鏡で毛の構造を観察します。

毛の構造だけでなく、毛の成長サイクル(毛周期)を観察することで、脱毛の原因を特定できたりもします。

猫の成長期毛。毛の根元が箒のように膨らんでいます。

皮膚掻爬検査

皮膚掻爬検査は、鋭匙(えいひ)というスプーン状の器具で皮膚の表面を削り、皮膚の中にいるダニやカビを調べます。

同じように削っているようにみえて、実は見つけたいダニの種類によって、皮膚表面の削る範囲や深さを変えています。

スプーン状の鋭匙で皮膚の表面を薄く削り取るように掻爬します。

ウッド灯検査

ウッド灯検査は、皮膚糸状菌というカビに感染している毛があるかどうかを調べる検査です。

ウッド灯を当てると、カビに感染している毛だけ蛍光に光ります。

この毛を顕微鏡で調べると、カビに感染し胞子に覆われた毛が確認できます。

ウッド灯を当てるとカビに感染した毛が蛍光に光っているのがわかります。

 

光った毛を顕微鏡で見てみるとツブツブしたカビの胞子が毛の周りにたくさんあるのがわかります。

細菌培養検査

細菌培養検査は、滅菌スワブを使って皮膚表面の細菌を採取し培養することで、どんな細菌が増えているのかわかります。

さらに、その細菌にどんな抗生物質が有効なのか、人でも問題になっている多剤耐性菌かどうかもこの検査でわかります。

滅菌スワブで病変部から細菌を採取します。

真菌培養検査

真菌培養検査は、カビ(皮膚糸状菌症)の原因菌を特定するための検査です。

皮膚糸状菌が毛に感染している場合、赤色の培地が黄色に変化し、白い綿毛のようなコロニーが確認できます。

皮膚組織生検

皮膚組織生検は、皮膚の一部を切り取って皮膚の構造全体を検査します。

通常直径6mmくらいの皮膚を生検するため、多くの場合は局所麻酔で行えますが、
病変が顔や足先などの場合は全身麻酔が必要となります。

今まで紹介してきた検査は皮膚の表面や毛の状態を調べることができましたが、
皮膚のもっと深い部分に関しては調べることはできません。

皮膚の表面は薄くなっているのか、厚くなっているのか・・・
炎症がどこに起きているのか、どんな細胞が集まっているのか・・・
本来あるべき構造はちゃんとあるのか、異常に増えていないか・・・

などなど、皮膚組織検査で得られる情報はとても多いのです。

まとめ

今回は犬と猫の皮膚科においてとても重要な「皮膚科学的検査」について紹介していきました。

超音波検査や眼科の検査に比べて地味な印象かもしれませんが・・・
このテープぺたぺたしてることも、実はとても重要な検査だとおわかりいただけたでしょうか?

ぜひ、診察の時もどんな検査をしているのか覗いてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA